衝撃緩和畳床 JIS A 5917:2018 で畳新調 立川市

衝撃緩和畳床を使用して新畳を製作

 

お客様宅へお届け 納品 敷き込みしました。

 

今回のお客様宅の施工は3回目

 

マンションにお住いで

 

下の階の方に音がしないように・・・

 

安心・安全な畳床があるならそれにしたいわ・・・と

 

 

使用した畳表は熊本県産畳表

 

 

畳床の表面は柔らかな素材になっています。

 

これから

 

畳製作名で「かまちぬい」

 

畳床に畳表を縫い付ける作業を行います。

 

 

畳製作名で「ひらさし」

 

畳縁と下紙を縫い付けた写真です。

 

 

上から

 

下紙  畳縁  畳表  表面材  断熱材  衝撃材 断熱材

 

黒い波板状のものが衝撃を緩和してくれます。

 

 

畳に仕上げ立てかけた状態です。

 

さて、お客様宅へお届け・敷き込みです。

 

 

使用した畳縁は

 

高田織物さんの ラン №105

 

「 ラン 」シリーズは当店一番人気で

 

素材は麻。天然素材はやっぱりいいですね。

 

 

鮮やかな スカイブルー です。

 

 

押入れ・襖のご依頼も一緒にいただきました。

 

 

襖の開け閉めがしにくく重たいので

 

敷居に V字レールをはめこみ

 

開け閉めがスムーズになりました。

 

 

箪笥が2竿ありましたが

 

移動は勿論当店で行い

 

箪笥の後ろや上の拭き掃除

 

畳の下の掃除機かけ

 

全て当店が行い

 

お客様にお慶びいただきました。

 

一番喜んでいただけたのは

 

やっぱりコレ 衝撃緩和畳床です。

 

程よい柔らかさで沈みすぎることが無く

 

歩きやすさ・歩行間も抜群です。

 

断熱材も使用しているので

 

床からの冷たさをシャットアウト

 

お客様、安心・安全にお過ごしいただけると思います。

 

 

 

お客様、ありがとうございました。

 

2018年07月08日